宮崎進名誉館長ご挨拶

宮崎進名誉館長
美術の創造にすべてをかけてきた私にとって、故郷の美術館に関わることは、大いなる関心と責任を感じているところです。
存在じたいを問われるような時代、新任された館長の下で、しっかりとした美術博物館の運営、仕事がなされていくことと思います。
芸術や文化は心を豊かにし、希望を湧き立たせます。厳しく困難な時代に、このことのために少しでも、私が役に立てればと思います。

>> 宮崎進オフィシャルサイト

ページトップ